ドル円羅針盤 予測と予想

日本銀行、FRBの動向と金融政策関連をチェックしてまとめています。ときどき株のデイトレ

                    
ドル円羅針盤へようこそ
当ブログオリジナル★金融政策の効果が一目で見られるチャートを誰でも簡単に作り方向性を予測する方法!!
TLラインでHLラインを引く方法
ラインを引くタイミングで重用なのはたった1つ
ドル円の方向性を予測する方法
究極の資金管理方法と投資方法
損切りラインの決め方!実際の取引で解説!!

アメリカはどんな金融政策を使うのか??基本をおさらい。

金融政策について以前に記事を書きました。それは日銀が行う基本的な金融政策について書いています。

www.usdjpy-trend.work

 

この記事では、アメリカの基本的な金融政策について書きます。

 

アメリカが行う基本的な金融政策はかつて日本も同じだった金利政策になります。メディアは「政策金利」という言葉を多く使っています。

 

●アメリカの政策金利とは

アメリカはフェデラルファンド金利という短期金融市場で民間金融機関同士の資金を融通する際に発生する金利です。アメリカの中央銀行にあたるFRBは、フェデラルファンド金利の誘導目標を基本の金融政策として考えているようです。

 

●量的金融緩和政策は以前はアメリカも

皆さんご存知のリーマンショック後、アメリカはデフレ寸前まで陥り、第1弾量的金融緩和政策(QE1)と第2弾量的金融緩和政策(QE2)、1年ちょっと空き第3弾量的金融緩和政策(QE3)を行いました。アメリカは出口戦略も明確にして、最後のQE3も1年とちょっとで終了させています。

 

●FRB議長

FRBとは日本で言えば日本銀行ことで中央銀行のことを指します。そのFRBの議長は日本で言えば日銀総裁です。

著者である僕はFXを始めたときのFRB議長がバーナンキさんでした。

第14代目バーナンキ

第15代目イエレン

第16代目パウエル(2019年6月現在)

となります。

 

●FOMCとは

金融政策を決定する会合のことをアメリカでは「FOMC」といいます。日本では「日銀金融政策決定会合」にあります。

 

●アメリカの基本的な金融政策まとめ

ドル円を投資するなら、日銀金融政策決定会合の内容とFOMCの内容はしっかり押さえましょう。なぜなら、市中に流すお金の量の話が決定されますからお金の価値に直接的に影響します。

決定した内容が円またはドルが安くなるのか高くなるのか、その政策方針は適当なのか、景気判断が正しいか、などなど着目したい点はその状況により異なりますが投資の醍醐味です。

この内容をしっかり解説している有料媒体は複数ありますが、すべて目を通すのも良いのですが初めのうちはウォールストリートジャーナル(WSJ)のウェブ版でいいと思います。月々2000円くらいです。日々情報をアップデートしましょう。